コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ケーペ巻 ケーペまきKoepe winding

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ケーペ巻
ケーペまき
Koepe winding

鉱山で使う竪坑巻上機の一種。巻胴式のドラムの代りに,ロープ溝をもったロープ車 (ケーペ・プーリー) を用い,1本のロープをこれにかけ,両端にケージ (巻上台) またはスキップ (巻上箱) を吊り,ロープ車の綱溝とロープの摩擦によって巻上機の動力を伝える。深い竪坑からの巻上げに使う。名称は発明者ケーペの名にちなむ。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ケーペ巻の関連キーワード平子綱ロープヘッドシーブ坑内運搬竪坑巻多綱巻

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android