ゲッター合金(読み)げったーごうきん(英語表記)getter alloys

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ゲッター合金
げったーごうきん
getter alloys

真空装置の中に残っているガスを吸収したり(接触ゲッター)、ガスと化合物をつくったり(分散ゲッター)して高真空を保つための金属。ほとんどすべての清浄な金属表面はゲッター作用をもっているが、ジルコニウム、チタン、バリウム、マグネシウムなどが用いられる場合が多い。真空管の真空度維持やイオンポンプなどに利用される。[及川 洪]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

檄を飛ばす

自分の主張や考えを広く人々に知らせ同意を求める。また、それによって人々に決起を促す。飛檄。[補説]誤用が定着して「がんばれと励ます」「激励する文書を送る」という意味でも用いられる。文化庁が発表した「国...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android