コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ゲッデス Patrick Geddes

世界大百科事典 第2版の解説

ゲッデス【Patrick Geddes】

1854‐1932
スコットランド出身の都市計画家,社会経済学者。近代都市論の創始者の一人。西アバディーンシャーのバラター生れ。T.H.ハクスリーのもとで生物学を学んだ後,初めはイギリスやインドの大学で植物学社会学を講じた。1878‐79年ころにフランスの経済学者P.G.F.ル・プレーを知り,その社会経済学を中心にダーウィン進化論,さらに生態学地理学等を採り入れて新しい都市計画理論を展開する。計画とは都市と田園(農村),工業地域の3者間の有機的な関係を地域の枠組の中で解明するための社会科学の一領域であるととらえ,計画立案に先立つ科学的で総合的な地域調査とその分析を提唱,実践した。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

367日誕生日大事典の解説

ゲッデス

生年月日:1893年4月21日
アメリカの舞台装置家
1958年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

世界大百科事典内のゲッデスの言及

【都市計画】より

…彼の都市計画案がそのまま実現した例は,シャンディガールなどわずかで,ほとんどないといってよいが,今日の都市計画とくに既成市街地の再開発に与えた影響は見のがすことができない。このほかソリア・イ・マータArturo Soria y Mata(1844‐1920)やミリューチンNikolai Aleksandrovich Milyutin(1889‐1942)によって提案された帯状都市,T.ガルニエ提案の工業都市,ゲッデスPatrick Geddes(1854‐1931)の計画理論,F.L.ライトのブロード・エーカー,C.ジッテ,チーム・テン,リンチKevin Lynch(1918‐ )の都市設計論など数多くの独創的な理想都市の提案がある。
【近代都市計画の発達】
 現代の都市計画は産業革命以後,資本主義の発達に伴う急激な都市化に対応し,深刻化する都市問題に解決を見いだそうとする社会・経済の流れの中で成長した。…

※「ゲッデス」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ゲッデスの関連キーワードアンドリュー・ジョン ハーバートソンハーバートソンマンフォードドレフュス生年月日

今日のキーワード

ブラックフライデー

米国などで、感謝祭(11月第4木曜日)の翌日の金曜日のこと。休日とする職場が多く、商店にとってはクリスマス商戦の初日に当たる。「ブラック」は、買い物客による混雑、または黒字を連想させることから。→サイ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android