コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ゲムズボック国立公園 ゲムズボックこくりつこうえんGemsbok National Park

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ゲムズボック国立公園
ゲムズボックこくりつこうえん
Gemsbok National Park

カラガディ国境地帯公園のボツワナ側にある国立公園。ボツワナ南西部,南アフリカ共和国ナミビアとの国境地帯に位置する。1971年設定。面積 2万4000km2。2000年国境を隔てた南アフリカ側のカラハリゲムズボック国立公園と合体し,カラガディ国境地帯公園を形成。砂漠,砂丘,低木が点在するサバナが見られ,公園名の由来となったゲムズボックやオオカモシカの群れ,ライオンなどが生息する。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ゲムズボック国立公園の関連キーワードカラハリ砂漠

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android