コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ゲルゼー文化 ゲルゼーぶんかGerzean culture

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ゲルゼー文化
ゲルゼーぶんか
Gerzean culture

エジプトの先王朝時代後期の文化で,前 3300~3100年頃に相当し,ナカダ II文化とも呼ばれる。標準遺跡はカイロの南 100kmにあるゲルゼー遺跡。大規模な灌漑が取入れられたため,農業生産力は上昇し,村は町に発展し,国家統一の過程にあった。墓は数室をもつものや,内部を漆喰で塗り壁画を描いたもの (ヒエラコンポリス出土) も現れた。副葬品としては彩文土器注口土器,波状取手付き土器,各種パレット,洋なし形棍棒頭などがあり,銅製品も発達した。アジアとの交易は一層盛んとなり,円筒印章の出土が報告されている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ゲルゼー文化の関連キーワード中東史(年表)ナカダ文化エジプト

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android