コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

注口土器 ちゅうこうどき

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

注口土器
ちゅうこうどき

土器の一形態。土瓶のように注口がついている。縄文文化中期に出現し,後・晩期に発達したが,弥生土器以降にはまれとなる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ちゅうこう‐どき【注口土器】

液体を注ぐための管状の口をもった土器。日本では、縄文後期以降に多くみられる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ちゅうこうどき【注口土器】

急須や土瓶の形に似て、水を注ぎ出す口の付いた土器。縄文後期・晩期に多く見られる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

注口土器
ちゅうこうどき

液体を内部に収め、それを注ぐための管状の注口部をもつ土器。縄文時代の初期には注口部が未発達で小さかったり、片口状の注口部がつくられたりするものがあったが、後期以降になると今日の土瓶(どびん)に似た形をした注口土器が現れ、とくに東北、関東地方でさかんにつくられた。弥生(やよい)土器やそれに続く土師器(はじき)ではほとんどつくられなかったが、須恵器(すえき)(はそう)は注口土器としての機能をもっていたとみられる。縄文時代の注口土器の多くは入念に製作され、美しい文様を施されたものが多く、またその容積もさほど大きくないことからみて、日常の生活に用いられたのではなく、特別な儀礼上の目的に利用された土器とみられる。[鈴木公雄]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

注口土器の関連キーワードテペ・ヒッサル遺跡中谷 治宇二郎テペ・シアルクゲルゼー文化ペルシア美術小牧野遺跡ゲルゼ文化波方[町]天王山遺跡佐野遺跡縄文土器四箇遺跡北斗市急須液体食器

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android