ゲーアハルト キッテル(英語表記)Gerhard Kittel

20世紀西洋人名事典の解説

ゲーアハルト キッテル
Gerhard Kittel


1888.9.23 - 1948.7.11
ドイツの聖書学者。
元・テュービンゲン大学教授。
ブレスラウ生まれ。
父は旧約聖書学者ルードルフ・キッテル。1913年キール大学講師、ライプツィヒ大学講師のかたわら、’14〜’18年クッスハーフェンの海軍従軍牧師をつとめる。ライプツィヒ神学校校長を経て、グライフスヴァルト大学新約学教授、’26年よりテュービンゲン大学教授を歴任。’33年「新約聖書神学辞典、全5巻」編集、刊行を創始する。「キリスト教的」反セム主義の立場でナチを肯定、終戦とともに公職追放となる。他の著作に「パレスティナ後期ユダヤ教の諸問題と原始キリスト教」(’26年)ほか。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

367日誕生日大事典の解説

ゲーアハルト キッテル

生年月日:1888年9月23日
ドイツのプロテスタント新約学者
1948年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

アイントホーフェン

オランダの生理学者。旧オランダ領ジャワ島のスマランに、陸軍軍医の子として生まれた。陸軍の給費学生としてユトレヒト大学に学び、医師となった。1886年ライデン大学の生理学教授に任ぜられ、兵役を免除された...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android