コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ゲーリッケ Guericke, Otto von

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ゲーリッケ
Guericke, Otto von

[生]1602.11.20. マクデブルク
[没]1686.5.11. ハンブルク
ドイツの政治家,物理学者。ライプチヒ大学,ライデン大学などに学び,さらにイギリス,フランスに留学。初めスウェーデン陸軍の技術者となったが (1631) ,のちマクデブルクに帰り政治家となった。マクデブルク自由市の市長 (46~81) 。市政をあずかるかたわら,1650年真空ポンプをつくり,真空の研究や,燃焼,呼吸における空気の役割を研究した。大気の圧力の大きさを明らかにした 54年の「マクデブルクの半球」の実験は有名。また硫黄の球を用いて摩擦起電機を初めてつくった (72) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ゲーリッケの関連キーワードダンネマンポンプ座排気

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android