ゲーレナイト(英語表記)gehlenite

世界大百科事典 第2版の解説

ゲーレナイト【gehlenite】

メリライト(黄長石)の一種で,化学組成Ca2Al2SiO7をもち,オケルマナイトと固溶体を形成する鉱物正方晶系。短柱状。無色,灰緑,褐色。モース硬度5~6。比重3.038。塩酸によりゼラチン化する。Al/Si配列秩序‐無秩序現象があり,Alの排除則を破っている。1000℃,100kbar以上で相転移し,ケイ酸塩鉱物としては最高の密度4.426g/cm3の相に変わる。接触変成岩,塩基性火山岩,隕石に産し,鉱滓中にも生じるが,日本ではまれな鉱物である。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

大学入試センター試験

国立大学の共通第1次学力試験制度は、1979年度に導入された。入学試験を第1次と第2次とに分け、第1次試験は大学入試センターが共通学力試験を実施。第2次試験は各大学がきめ細かな入学者選抜を行うことを目...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android