コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

正方晶系 せいほうしょうけいtetragonal system

5件 の用語解説(正方晶系の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

正方晶系
せいほうしょうけい
tetragonal system

結晶系の1つ。結晶軸は互いに直交し,軸角はα=β=γ=90゜である。結晶軸の長さは1軸 ( c 軸) のみ異なり,abc である。金紅石 (二酸化チタン) ,ADP (リン酸二水素アンモニウム) ,βスズなどがこれに属する。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

せいほう‐しょうけい〔セイハウシヤウケイ〕【正方晶系】

結晶系の一。互いに直交する3本の結晶軸のうち、二軸の長さが等しく、上下軸だけ長さが異なるもの。黄銅鉱錫(すず)石などにみられる。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

正方晶系【せいほうしょうけい】

結晶系の一つ。軸率1:1:cの直交座標系結晶軸)で記載される一群の結晶。物理的に異方性で,光学的一軸性。形態は四角柱が基本。ジルコンルチル黄銅鉱がその例。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

大辞林 第三版の解説

せいほうしょうけい【正方晶系】

結晶系の一。互いに直交する三本の結晶軸のうち、二軸の長さが等しく他の一軸の長さが異なる結晶。ジルコン・黄銅鉱など。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

正方晶系
せいほうしょうけい
tetragonal system

結晶系の一つ。単位格子は正方柱の形で、格子定数にはab≠c,αβγ=90゜の関係があり、8種の点群(晶族)4(C4),(S4),4/m(C4h),422(D4),4mm(C4v),2m(D2d),4/mmm(D4h)がこれに属し、これらの点群における4回回転軸4あるいは4回回反軸c軸に平行である。ブラベ格子には単純格子Pと体心格子Iがあり、底心格子Cおよび面心格子Fは、それぞれ半分の体積をもつ単純格子および体心格子に帰結される。底心格子ABは、4回対称軸をもちえないので、正方晶系にはありえない。鉱物中約9%が正方晶系に属する。この数字は三斜晶系に次いで小さい。[岩本振武]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone