コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コイ・コイン語 コイ・コインご Khoi-Khoin

1件 の用語解説(コイ・コイン語の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

コイ・コインご【コイ・コイン語 Khoi-Khoin】

現在では主としてアフリカ南西部ナミビアのナマランドに住むコイ・コインの言語で,話し手の数は2万~3万人といわれる。コイサン語族に属する。かつては南アフリカ共和国にも多く住んでいたが,現在では純粋の人々はいないといわれている。ナマNama(またはNama-na,コイ・コインの中心的部族),コラKora(またはKora-na,ただし純粋のコラは現在では消滅したといわれる),グリGri(またはGri-qua,コイ・コイン諸部族の混血),レホボトRehobotho(コイ・コインとヨーロッパ人の混血)などの言語グループに大別できるが,サン語の中部グループの方言とよく似ているといわれている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

コイ・コイン語の関連キーワードコイサン語族ナミビアマリンバコイ族アフリカ菫アフリカ舞舞南アフリカSWAPO南アフリカ連邦アフリカン・ピアノ

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone