コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

こら コラ

デジタル大辞泉の解説

こら

[感]人をしかったり、とがめたりするため、相手に強く呼びかけるときに発するこれ

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

こら

( 感 )
人を呼びとめたり、とがめたりするときに発する語。こらっ。 「 -、待て」 「 -、枝を折るな」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内のこらの言及

【火山灰土壌】より

…たとえば火山周辺では火山砂れきが膠結されて硬い盤層が発達することがある。富士山ろくに広く出現する盤層は〈まさ〉と呼ばれ,薩摩半島開聞岳周辺の盤層は〈こら〉の名で知られる。硬いものは掘り起こすのにつるはしが必要で,浅い所にあると作物根の伸長を妨げる。…

※「こら」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

こらの関連キーワードなんじゃこらシュー石川県かほく市白尾福島県福島市置賜町戒め・誡め・警め相模太郎(初代)ユーアビサイト似つこらしい井前隆一朗頰桁を叩く佐藤亮太めきめき踏み被りこらこら御子良子見せしめゴルァ皮切り裴世清歯切り笑止顔

今日のキーワード

届け出挙式

婚姻届を提出した後、そのまま自治体の役所で結婚式を挙げること。2017年2月、北海道苫小牧市が結婚情報誌「ゼクシィ」(リクルート)からの協力を受けて実施した。これを始まりとして、三重県鈴鹿市や東京都足...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

こらの関連情報