コウガイケカビ(笄毛黴)(読み)コウガイケカビ(英語表記)Choanephora

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

コウガイケカビ(笄毛黴)
コウガイケカビ
Choanephora

藻菌類ケカビ目に属するカビ。温暖な地方の盛夏より初秋にかけ,1日咲きの花 (たとえばアサガオ,カボチャ,ムクゲなど) の花弁の地面に落ちたものを拾って湿った室に置くとよく発生する。黒色の丈の低いカビであるが,空中に立上がった菌糸の枝分れした先端に,頭状のふくらみを生じ,その表面に黒色,亜球形ないし紡錘形胞子を密生する。この胞子は形態学上,胞子をただ1個含有する小胞子嚢にあたる。なおこのカビはしばしばケカビのそれに似た配偶子嚢を生じるが,この場合の柄はねじれるのが特徴である。接合子嚢は黒色の厚膜をかぶり,その表面には著しい長毛を生じる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android