コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コウラナメクジ コウラナメクジ Limax flavus; yellow slug

3件 の用語解説(コウラナメクジの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

コウラナメクジ
コウラナメクジ
Limax flavus; yellow slug

軟体動物門腹足綱コウラナメクジ科。キイロナメクジともいうが,体色は灰黄色地に暗色の雲状斑があり,黄色ではない。体長 7cm,体幅 1cmほどになり,頭に大小2対の触角がある点ではナメクジと同じであるが,本種では頭の後背に楕円形の外套膜に包まれた薄くて小さい殻がある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

コウラナメクジ

ナメクジ

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

コウラナメクジ
こうらなめくじ / 甲羅蛞蝓
yellow slug
[学]Limax feavus

軟体動物門腹足綱コウラナメクジ科の動物。別名キイロナメクジ。陸産種でヨーロッパ原産。日本には1920年(大正9)ごろ神戸に入っていて、近年では各地に広がっている。体長70ミリメートル、体幅10ミリメートルぐらい、暗い灰黄色の雲状斑(はん)があり、体前端近くの背上に、長楕円(ちょうだえん)形の外套膜(がいとうまく)に包まれた笠(かさ)形の殻をもつ。[奥谷喬司]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のコウラナメクジの言及

【ナメクジ(蛞蝓)】より

…褐色で両側に黒色帯が縦に走り,背上には細い黒色帯があって,斜めに交わる黒斑が前後に並ぶ。近年はヨーロッパ産のコウラナメクジ類が都会に侵入し広がっている。コウラナメクジ(別名キイロナメクジ)Limax flavus(英名yellow slug)(イラスト)は体長10cmくらいで細長く,体色は淡黄色より灰黒色まであり,黒褐色斑を散らし,頭部背上に笠形の外套(がいとう)膜がのり,その中に小さく薄い平らな退化した殻(甲羅)がある。…

※「コウラナメクジ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

コウラナメクジの関連キーワード有肺類海牛後鰓類象水母蛞蝓雨虎なめくじくじ夫くん軟体類キイロナメクジチャコウラナメクジ

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コウラナメクジの関連情報