コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コオウレン Picrorhiza kurrooa Royle

1件 の用語解説(コオウレンの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

コオウレン【Picrorhiza kurrooa Royle】

高山の草地に生えるゴマノハグサ科多年草イラスト)。太い根茎の先に多くの葉が密生する。葉はさじ形または卵形で,長さ3~6cm。葉の間から花茎を伸ばし,花茎は高さ5~10cm,先に長さ2cmほどの総状花序をつくり,夏,十数個の小さな白色または紫青色の花をつける。花冠は短い筒状の唇形,上唇1枚は大きく,下唇は短くて3裂する。おしべ4本。蒴果(さくか)は卵形。ヒマラヤ西部からカシミールに分布する。コオウレンPicrorhizaには2種類あり,もう1種P.scrophulariiflora Pennellはヒマラヤ東部のネパールチベットから中国の雲南省,四川省にみられる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

コオウレンの関連キーワード嵐草海蘭九蓋草小米草胡麻の葉草鷺苔川萵苣塩竈菊姫鍬形四葉塩竈

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone