コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コクチョウ(黒鳥) コクチョウ

百科事典マイペディアの解説

コクチョウ(黒鳥)【コクチョウ】

カモ科の鳥。翼長46cm。ハクチョウ類の一種で,体形はハクチョウに似るが,全身黒色で風切羽の一部は白い。オーストラリア原産の水鳥で観賞用として動物園や公園でよく飼育される。
→関連項目ハクチョウ(白鳥)

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

コクチョウ【コクチョウ(黒鳥) black swan】

カモ目カモ科の大型の水鳥(イラスト)。全長115~140cm。名のように羽色が黒いが,初列風切の全部と次列風切の一部は白色。くちばしは赤色,あるいはオレンジ色で先端に白帯があり,虹彩は赤く,足は黒い。体重は雄が平均6.3kg,雌は平均5.1kg。ハクチョウ属6種のうちの1種で各地に輸入されているが,原産地はオーストラリアの南東部と南西部とタスマニア島留鳥だが,多少の季節的な移動はする。ニュージーランドにも移入され,自然状態で多数生息する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

コクチョウ(黒鳥)の関連キーワード海軍砲平原遺跡沙星髙橋輝アブラヨタカウミネコ(海猫)ウロコオリスオオブッポウソウ(大仏法僧)キタタキ(木啄)

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android