コクレン(読み)こくれん

日本大百科全書(ニッポニカ)「コクレン」の解説

コクレン
こくれん / 黒鰱
[学] Aristichthys nobilis

硬骨魚綱コイ目コイ科に属する淡水魚。形態、生態のよく似る近縁のハクレンとともにレンギョとも総称されるが、本種は体が暗緑色で頭がより大きく、腹側の竜骨状隆起が腹びれの基部から始まるので、両者は容易に識別できる。

[水野信彦]


出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「コクレン」の解説

コクレン
Aristichthys nobilis

コイ目コイ科の淡水魚。全長 1mになる。体は細長く側扁する。ひげはない。体は黒みを帯び,体側に不規則な暗色の雲状斑がある。プランクトン。中国からの移殖魚で,霞ヶ浦利根川で自然繁殖している。日本ではあまり好まれないが,中国では重要水産魚。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内のコクレンの言及

【ハクレン(白鰱)】より

…コクレン(黒鰱)Aristichthys nobilisといっしょにしてレンギョと呼ぶ場合が多い。コイ目コイ科の淡水魚。…

※「コクレン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

粉骨砕身

骨を粉にし、身を砕くこと。力の限り努力すること。一所懸命働くこと。[活用] ―する。[使用例] こうなったら、粉骨砕身、身をなげうって社長の政界入りをお手助けせにゃあ[三島由紀夫*近代能楽集|1950...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android