霞ヶ浦(読み)かすみがうら

  • 茨城県の市

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

茨城県南部にある日本第2の湖。東方にある北浦に対して西浦ともいう。面積 167.6km2,周囲 120km,最大水深 7m,透明度は 0.6m。平均水深 3.4mの浅い富栄養湖。約 1000年前までは流海 (ながれうみ) といわれる大きな入江の一部であった。その後鬼怒川,小貝川,次いで利根川などの土砂の堆積が進み湖水化が進んだ。江戸時代には水運が盛んで,湖岸の土浦,高浜玉造麻生牛堀江戸崎などは港町として繁栄。ワカサギシラウオ,エビ,ウナギコイ,ハゼなどの魚類が多く,内水面漁業が盛んであった。ワカサギ漁業で,霞ヶ浦の風物詩として知られた帆引網漁法は,観光用としてわずかに残るのみとなっている。南岸では第2次世界大戦中から戦後にかけて干拓地が次々に開かれ,沿岸部の開発により,湖水の汚染が問題となっている。湖周辺は水郷筑波国定公園に属する。
茨城県中南部,かすみがうら市南東部の旧町域。霞ヶ浦に半島状に突き出した台地上に位置する。 1997年町制がしかれ,出島村から霞ヶ浦町名に改称。 2005年千代田町と合体してかすみがうら市となった。米作,漁業が中心で,湖岸はレンコンの産地。長禅寺などの古刹が多い。国の重要文化財に椎名家住宅がある。 1987年に霞ヶ浦大橋が開通し,郷土資料館,水族館なども開館した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

茨城県南部の湖。西浦ともいい,標高0.2m,面積168.22km2(琵琶湖に次ぎ日本第2),最深7.3m。北に高浜入,西に土浦入と呼ぶ入江があり,桜川,小野川,恋瀬川などが流入,南東端の北利根川により利根川へ排水する。ほぼ淡水の富栄養湖で,ワカサギ,シラウオ,コイなどが漁獲されるが水質汚濁が進み不振。中世には内陸水路として重要な位置にあり,海夫の根拠地となっていた。近世,浦の漁民の自治組織として霞ヶ浦四十八津があり,水戸藩に抵抗している。明治以後,ワカサギの帆引船が用いられ,浦の風物となる。沿岸に土浦,高浜(石岡市),麻生,牛堀などの集落が発達する。大部分が水郷筑波国定公園に含まれる。広義の霞ヶ浦は北浦も含む。
→関連項目東[町]麻生[町]阿見[町]石岡[市]茨城[県]牛堀[町]江戸崎[町]小川[町]御留川霞ヶ浦[町]霞ヶ浦四十八津関東平野水郷筑波国定公園玉造[町]土浦[市]土浦藩

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

茨城県南東部,利根川下流域に位置する海跡湖。広義には北浦を含めた呼称で,北浦に対して西浦とも称する。面積167.6km2は琵琶湖につぎ日本第2位。最大水深7m,湖面標高0m。淡水湖で水郷筑波国定公園の中心をなす。名称は《常陸国風土記》の香澄里(霞郷),《和名抄》の香澄郷に由来する。Y字状の湖面形をなし,北西側を土浦入,北側を高浜入とよび,桜川,恋瀬川がそれぞれ流入する。南西部では小野川が流入,南東端では西から新利根川が入り,利根川へは横利根川常陸利根川をもって通じる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の霞ヶ浦の言及

【茨城[県]】より

…1871年(明治4)廃藩置県をへて,茨城,新治(にいはり),印旛(いんば),木更津の4県に統合され,後2者が合併してできた千葉県の一部と新治県のうち常陸6郡を併せて,75年ほぼ現在の県域が定まった。下総国常陸国
[広大な台地と豊富な湖沼・河川]
 県内の地形は北部の山地,中央部から南部,西部にかけての関東平野北東部にあたる広大な台地,南東部の霞ヶ浦北浦と利根川およびその支流に沿って樹枝状にのびる低地に三分される。県北地方では阿武隈高地に属する多賀山地,八溝山地が広い面積を占め,また筑波山地が半島状に突出して常陸台地常総台地を分けている。…

【御留川】より

…漁民の自由な立入りは禁止された。例えば,霞ヶ浦南東部には江戸初期,幕府の箕和田御留川が設定され,さらに1625年(寛永2)下玉里村の土豪鈴木氏の申請により,〈湖は入会〉の原則を固守する霞ヶ浦四十八津の抵抗を押し切って,水戸藩は湖の北部高浜入を玉里御留川としている。鈴木氏は御川守となり,当初は直営の大網を引いたが,83年(天和3)以降,江戸の問屋,霞ヶ浦周辺の漁民の請負となり,入札によって運上人を定め,運上金を上納させた。…

※「霞ヶ浦」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android