コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コケシロアリモドキ(苔擬白蟻) コケシロアリモドキOligotoma japonica

1件 の用語解説(コケシロアリモドキ(苔擬白蟻)の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

コケシロアリモドキ【コケシロアリモドキ(苔擬白蟻) Oligotoma japonica】

シロアリモドキ目シロアリモドキ科の昆虫。雄には有翅と無翅の個体があり,体長6.5~9mm。雌はすべて無翅でやや大きい。全体褐色~黒褐色で細長く,シロアリ類に似る。頭部は扁平で円形,触角は糸状で細く17節からなる。前胸背は幅狭く,中・後胸は楕円形である。翅は薄く褐色を帯び不透明。腹部は細長く先端に2本の短い尾毛がある。あしは短く跗節(ふせつ)は3節。前肢の第1跗節は膨れ,ここに紡績腺が発達し,絹状物質を分泌する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のコケシロアリモドキ(苔擬白蟻)の言及

【シロアリモドキ(擬白蟻)】より

…【長谷川 仁】。。…

【シロアリモドキ(擬白蟻)】より

…南西諸島,台湾,ミクロネシア,オーストラリアなどに広く分布し,樹幹や枯枝の枯葉の間などに,糸を張って筒状の巣をつくりその中に生活する。コケシロアリモドキO.japonicaは体長5~9mmで雌は10mm内外である。前種に似るが翅脈の構造と雄の生殖節の相違で区別する。…

※「コケシロアリモドキ(苔擬白蟻)」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone