コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ココス[諸島](読み)ココス

百科事典マイペディアの解説

ココス[諸島]【ココス】

インド洋東部の環礁。南北2群に分かれ27島がある。南緯12°5′,東経96°53′。住民の多くはマレー系で,ココヤシ栽培を行う。主島はホーム島。1609年に上陸したW.キーリングにちなんでキーリング諸島ともいう。1857年英領,1903年シンガポールに属し,1955年オーストラリア領となる。オーストラリア政府は1978年に土地を買い取り,1979年地方自治体が成立。空港はオーストラリア〜南アフリカ間の燃料補給地として重要。14km2。571人(2006)。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ココス[諸島]【Cocos Islands】

インド洋上,パースの北西2768kmにあるオーストラリア領のサンゴ礁島群。別名キーリングKeeling諸島。面積14km2,人口670(1994)。島名のとおりココヤシが自生する。主島はホーム島。住民の多くはマレー系でココヤシ栽培に従事。空港がウェスト島にあり,航空路がパースに通じる。インド洋上の数少ない気象観測地点としても重要。1609年イギリス人キーリングが発見し,1857年イギリス領,1955年以来オーストラリア領。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android