コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コシダカウニ コシダカウニ Mespilia globulus

2件 の用語解説(コシダカウニの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

コシダカウニ
コシダカウニ
Mespilia globulus

棘皮動物門ウニ綱拱歯目サンショウウニ科。殻はほとんど球形で腰高く,直径3~4cm,高さ2~3cm。殻表は短いとげでおおわれるが,5本の幅広い無棘の部分がある。産卵期は6月末より始る。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

コシダカウニ
こしだかうに / 腰高海胆
[学]Mespilia levituberculata

棘皮(きょくひ)動物門ウニ綱サンショウウニ科に属する海産動物。球形に近い腰高の殻の上に、赤褐色の短い棘(とげ)が生えた小形のウニ。殻の表面に棘が生えていない暗緑色の部分が10縦帯ある。小石混じりの磯(いそ)の浅瀬にすみ、体の上に石ころやごみを乗せて岩の上をはっている。産卵期は7~8月。本州中部から九州南端まで分布する。ミナミコシダカウニM. globulusは、南西諸島以南のインド洋、西太平洋のサンゴ礁海域に産する。[重井陸夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のコシダカウニの言及

【ウニ(海胆)】より

…骨板の上には乳頭状のいぼがあり,それにそれぞれ特有の長さや形をしたとげが連結し,その部分の筋肉によってどの方向へも動かすことができる。とげの形にはコシダカウニのように密生する短いとげや,パイプウニ(イラスト)のように太いもの,ガンガゼ(イラスト)のように長い針のようなものまでいろいろある。種類によっては一つの殻に大棘(だいきよく),中棘,小棘の3種のとげをもつものもある。…

※「コシダカウニ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

コシダカウニの関連キーワード棘皮動物サンショウウニバフンウニ動物界黒山椒魚日本サンショウウオセンター魚介類サンショウウオ(山椒魚)ナガウニ(長海胆)フクロウニ(袋海胆)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone