コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コシダカウニ Mespilia globulus

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

コシダカウニ
Mespilia globulus

棘皮動物門ウニ綱拱歯目サンショウウニ科。殻はほとんど球形で腰高く,直径3~4cm,高さ2~3cm。殻表は短いとげでおおわれるが,5本の幅広い無棘の部分がある。産卵期は6月末より始る。潮間帯から浅海の礫底に多く,ときに殻表面に小礫や海藻などをつけている。相模湾以南,フィリピンマレー半島に分布する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

コシダカウニ
こしだかうに / 腰高海胆
[学]Mespilia levituberculata

棘皮(きょくひ)動物門ウニ綱サンショウウニ科に属する海産動物。球形に近い腰高の殻の上に、赤褐色の短い棘(とげ)が生えた小形のウニ。殻の表面に棘が生えていない暗緑色の部分が10縦帯ある。小石混じりの磯(いそ)の浅瀬にすみ、体の上に石ころやごみを乗せて岩の上をはっている。産卵期は7~8月。本州中部から九州南端まで分布する。ミナミコシダカウニM. globulusは、南西諸島以南のインド洋、西太平洋のサンゴ礁海域に産する。[重井陸夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のコシダカウニの言及

【ウニ(海胆)】より

…骨板の上には乳頭状のいぼがあり,それにそれぞれ特有の長さや形をしたとげが連結し,その部分の筋肉によってどの方向へも動かすことができる。とげの形にはコシダカウニのように密生する短いとげや,パイプウニ(イラスト)のように太いもの,ガンガゼ(イラスト)のように長い針のようなものまでいろいろある。種類によっては一つの殻に大棘(だいきよく),中棘,小棘の3種のとげをもつものもある。…

※「コシダカウニ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android