コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コッパース Koppers, Wilhelm

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

コッパース
Koppers, Wilhelm

[生]1886.2.8. メンツェレン
[没]1961.1.23. ウィーン
オーストリアの人類学者。ウィーン大学において民族学の分野に活躍。初め W.シュミットらとともに文化圏説を唱え,『民族と文化』 (1924) をシュミットと共著,経済の部を執筆した。のちに文化圏説からは離れたが,その後も歴史民族学の発展に寄与し,特にインドの宗教史に関する研究を中心として,中国や東南アジアについて多くの論考を発表した。主著『中部インドのビール族』 Die Bhil in Zentralindian (48) ,"Der Urmensch und sein Weltbild" (49) など。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

コッパースの関連キーワードシュミット(Wilhelm Schmidt)J. ヘッケル宗教人類学2月8日伝播主義

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android