宗教史(読み)シュウキョウシ

デジタル大辞泉の解説

しゅうきょう‐し〔シユウケウ‐〕【宗教史】

宗教現象の歴史的展開を研究する学問。各宗教の歴史を扱う特殊宗教史と、それらの相互連関から一般的因果律を求める一般宗教史とがある。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

しゅうきょうし【宗教史】

宗教の歴史的な意味や展開を考察する学問。特定の宗教を対象とする特殊宗教史と宗教全般を対象とする一般宗教史とがある。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

エミュー

ヒクイドリ目エミュー科。ダチョウに似た大型の飛べない鳥。オーストラリア固有種で,国鳥。全長 140~164cm,背丈 150~190cmで,雌のほうがやや大きい。翼は羽毛に覆われて見えないが,約 20...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

宗教史の関連情報