コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コトル湾 コトルわんBoka Kotorska

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

コトル湾
コトルわん
Boka Kotorska

バルカン半島西部,アドリア海に臨む湾。モンテネグロに属する。湾口から湾奥まで約 30km,水深約 7.5~15m。各種の船舶が航行でき,世界有数の天然の良港となっている。くびれた海峡により四つ内湾に分かれ,奥にコトルの町がある。湾一帯は海岸まで迫る山と静かな海が調和した景勝地で,風俗にも独特のものがあり,中世からの古い建造物が現存し,保養,観光の中心地をなす。ヨーロッパで最高の年降水量がある。かつてはオーストリア=ハンガリー帝国の海軍基地があった。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

コトル湾の関連キーワードコトルの自然と文化ヘルツェグノビダルマツィア

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android