コトル(英語表記)Kotor

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

コトル
Kotor

モンテネグロ南西部,アドリア海に臨むコトル湾奥の町。ニクシチの南約 50km,ロブツェン山(1749m)のふもとに位置する。古代ローマ時代からアクルビウム Acruviumの名で交易,商業が栄え,ビザンチン帝国下では自治都市,1186~1371年にはセルビア王国(→ネマーニヤ朝)の自由都市となった。その後,一時期ベネチア共和国(→ベネチア),ハンガリーに支配されたが,1395~1420年独立国となり,以降 1797年まで再びベネチア共和国に所属。オスマン帝国の侵攻や地震で大きな被害を受け,1807~14年フランス,1814~1918年オーストリアの支配下に入った。聖トリフォン大聖堂(1166)をはじめとする歴史的建造物が多く,中世の面影を色濃く残している。1979年コトル湾を囲む自然や文化的,歴史的景観が国際連合教育科学文化機関 UNESCOの世界遺産文化遺産に登録された。2017年には市街地に残る要塞跡などが 16~17世紀のベネチア共和国の繁栄ぶりを示すものとして,イタリア,クロアチアの 5ヵ所の構成資産とともに世界遺産の文化遺産に登録された。人口 5341(2003)。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

コトル(Kotor)

モンテネグロ西部の都市。アドリア海東岸の複雑に入り組んだコトル湾の最奥部に位置し、背後に標高1749メートルのロブツェン山を擁する。紀元前より天然の良港で知られ、交易都市として栄えた。堅固な城壁に囲まれた旧市街には、聖トリフォン大聖堂をはじめ、ベネチア共和国時代の歴史的建造物が残っている。1979年と2003年に「コトル地方の歴史的建造物と自然」の名称で世界遺産(文化遺産)に登録された。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

コトル

モンテネグロ西部にある都市。アドリア海に面した港町で,天然の要塞としてローマ時代から多くの国々が支配権を争った。中世には芸術と商業の盛んな自治都市として繁栄。町は城壁で囲まれ,宮殿や4つのローマ・カトリック教会,12世紀の建造の聖トリフォン大聖堂などがあり,中世の町並みを残している。1979年の地震で大きな被害を受けたが,ユネスコの支援などで修復された。町の自然および文化・歴史地区は1979年,世界文化遺産に登録,同時に〈危機にさらされている世界遺産〉に登録。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

今日のキーワード

配偶者

夫婦の一方からみた他方。配偶者としての身分は、婚姻によって取得し、婚姻の解消によって失う。親族ではあるが、親等はない。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android