コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

モンテネグロ モンテネグロMontenegro, Roberto

8件 の用語解説(モンテネグロの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

モンテネグロ
モンテネグロ
Montenegro, Roberto

[生]1885.2.19. グアダラハラ
[没]1968. パツクアロ
メキシコの画家。パリ,マドリードローマで学んだのちメキシコに帰り,自国の民俗美術に根ざした力強い絵画活動を展開。おもに人物画や肖像画を描いた。 1934年にはメキシコシティーに大衆美術館を設立。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

モンテネグロ
モンテネグロ
Montenegro

正式名称 モンテネグロ共和国 Republike Crne Gore。面積 1万3812km2。人口 62万(2011推計)。首都 ポドゴリツァ。1991年までユーゴスラビア社会主義連邦共和国を構成する6共和国の一つであった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

モンテネグロ

バルカン半島の西に位置し、アドリア海に面する。人口約62万人、面積約1万4千平方キロ(福島県とほぼ同じ)。公用語はスラブモンテネグロ語。旧ユーゴスラビア社会主義連邦共和国崩壊後の1992年、隣のセルビア共和国とユーゴスラビア連邦共和国をつくる。2003年、国家連合「セルビア・モンテネグロ」に移行。06年の住民投票の結果、同年に独立を宣言した。

(2015-12-03 朝日新聞 朝刊 1外報)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
朝日新聞掲載「キーワード」について | 情報

デジタル大辞泉の解説

モンテネグロ(Montenegro)

《「黒い山」の意》東欧、アドリア海東岸に臨む共和国。首都ポドゴリツァ。15世紀後半にオスマン帝国の支配を受けたが、王朝も存続。1878年独立。1918年、セルビアなどとともにユーゴスラビアを形成。のち共和国となりその一部となる。旧ユーゴスラビア崩壊後、セルビアとともに新ユーゴスラビアセルビア‐モンテネグロを形成していたが、2006年に再独立。人口67万(2010)。ツルナゴーラ。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

モンテネグロ

◎正式名称−モンテネグロCrna Gora/Montenegro。◎面積−1万3812km2。◎人口−62万人(2011)。◎首都−ポドゴリツァPodgorica(15万人,2011)。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

モンテネグロ【Montenegro】

ユーゴスラビア連邦南西部に位置し,セルビアとともに同連邦を構成する共和国。国名はモンテネグロ共和国Republika Crna Gora (Republic of Montenegro)。〈ツルナ・ゴーラCrna Gora〉が正称であるが,住民自身はしばしばイタリア語ベネチア方言である〈モンテネグロMontenegro〉を使用し,ともに〈黒い山〉を意味する。この国の歩みはセルビアと深く関連している。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

モンテネグロ【Montenegro】

バルカン半島の中西部を占め、アドリア海に臨む国。2003年セルビアと連合国家セルビア-モンテネグロを構成。06年セルビアとの連合を解消し独立。観光業が発展。主要言語はセルビア語。首都ポドゴリツァ。面積1万3千平方キロメートル。人口六二万人。( 2006)正称、モンテネグロ共和国。 〔「黒山国」とも当てた〕

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

モンテネグロ
もんてねぐろ
Montenegro英語
Crna Goraモンテネグロ語

ヨーロッパ南東部、バルカン半島に位置する共和国。セルビア語ではツルナ・ゴーラCrna Gora(黒い山の意)という。15世紀にトルコ人アルバニア人の侵略を受けた際にツルナ・ゴーラとよばれる高原地帯に立てこもって抗戦したことにちなむ。「モンテネグロ」はイタリア語で「黒い山」を意味し、英語、フランス語ドイツ語でもモンテネグロとよばれる。国土の南はアドリア海に臨み、北西をボスニア・ヘルツェゴビナ、北東をセルビア、東をコソボ、南東をアルバニアと接する。面積1万3812平方キロメートル、人口61万7740(2003センサス)、約62万4000(2006推計)。首都はポドゴリツァ(旧名チトーグラード)。
 もともとはユーゴスラビア社会主義連邦共和国(旧ユーゴスラビア)を構成していた6共和国の一つで、1992年からはセルビアとともにユーゴスラビア連邦共和国(新ユーゴスラビア)を構成していたが、2003年2月公布の新憲法(憲法的憲章)に基づき、両共和国の行政権を大幅に拡大した、より緩やかな連合国家へ移行、国名をセルビア・モンテネグロと改称した。その後はセルビア・モンテネグロの構成共和国となっていたが、かねてより分離独立志向が強く、2006年5月21日に独立の是非を問う住民投票を実施。その結果、賛成多数により独立を決定、同年6月3日モンテネグロは独立を宣言し、独立国家モンテネグロ共和国Republic of Montenegro(Republika Crne Gore)となった。その後、2007年10月新憲法を制定、正式な国名をモンテネグロ共和国からモンテネグロに変更した。なお、モンテネグロの独立を受け、セルビアは、セルビア・モンテネグロの承継国として独立国家セルビア共和国となった。
 住民は、モンテネグロ人(43%)が多いが、ほかにセルビア人(約32%)、ムスリム(イスラム教徒)、アルバニア人、ロマなど多くの民族からなる。第一の公用語はセルビア語であるが、モンテネグロ語、ボスニア語、アルバニア語、ハンガリー語、ロマ語など多くの言語が用いられている。宗教も多様で、セルビア正教徒、カトリック、イスラム教徒、プロテスタント、その他などとなっている。
 南西部はディナル・アルプス南端に相当し、石灰岩の高原地帯で、モラチャ川流域以外はほとんど耕作不能である。東部は大陸性気候で草原をなす。アドリア海岸は地中海性気候で、夏きわめて高温になる。牧畜、林業のほか、第二次世界大戦後は工業化も進んだ。水力発電が行われ、豊富なボーキサイトを利用してポドゴリツァにアルミニウム・コンビナートが建設された。1976年には、ベオグラードとアドリア海岸の港湾都市バールとの間に480キロメートルの鉄道が開通し、輸送事情が改善された。[漆原和子]

歴史

モンテネグロの歴史はセルビア中世史の一部を形成している。1355年にセルビア王ドゥシャンが死んだ後、シュコーデル湖(スカダル湖。アルバニア語名、シュコドラ湖)北部のモンテネグロ地方がゼータ侯国としてセルビアの統治から脱した。15世紀後半にオスマン帝国(トルコ)の支配に屈したものの、1422年に創設されたツルノエビッチ王朝のイバンIvan Crnojevi(在位1465~1490)は、山岳地のツェティニェに首都を移し、その独自性を保持した。ツェティニェには修道院がつくられ、またベネチアから印刷機が輸入されて出版活動も進んだ。1516年ツルノエビッチ王朝が終息すると、しだいに力を増していた東方正教会主教「ブラディカ」が支配権を手中にして、神政国家を形成した。1699年にブラディカに選出されたダニロ・ペトロビッチDanilo Petrovi(在位1697~1735)は世襲制を確立し、以後第一次世界大戦まで、ペトロビッチ家の統治が続いた。ロシアとの関係が強化され、オスマン帝国の攻撃に耐えた。ペータル1世Petar Petrovi Njego(在位1784~1830)や詩人でもあるペータル2世Petar Petrovi Njego(在位1830~1851)はよく知られている。1878年のベルリン条約でセルビアとともに正式に独立を承認された。ニコラ国王Nikola Petrovi(在位1860~1918)は娘たちをイタリア、ロシア、ドイツ、セルビアなどヨーロッパの王家に嫁がせたため、「ヨーロッパの義父」とよばれた。第一次世界大戦後、南スラブ人の統一国家である「セルビア人・クロアチア人・スロベニア人王国」(1929年以後、ユーゴスラビア王国と改称)に統一された。[柴 宜弘]

ユーゴスラビアからセルビア・モンテネグロ、そして独立への道のり

「セルビア人・クロアチア人・スロベニア人王国」への統合に際して、セルビア王国との統一か、モンテネグロ王朝の保持かで二分していたモンテネグロ議会は、最終的には当時の客観情勢からセルビアとの統一を採択した。新国家において、自らの王朝を廃したモンテネグロでは、セルビアと同一視される傾向が強まったため、これに反対してモンテネグロの自治を求めるグループが、一時大きな勢力となった。第二次世界大戦期、山岳地のモンテネグロは、ドイツをはじめとする枢軸軍に抵抗するパルチザン戦争の主要な舞台となった。パルチザンが勝利を収め、1945年11月には、チトーを首班とするユーゴスラビア連邦共和国(旧ユーゴスラビア)が成立。モンテネグロ人が民族として承認され、モンテネグロは構成6共和国のうち最小の共和国となった。
 第二次世界大戦後の自主管理社会主義体制下では、分権化が進められたが、人口約60万のモンテネグロは経済的に後進の共和国であり、文化的に同質であるセルビアとつねに協調行動をとってきた。その後「74年憲法」(1974年に改正されたユーゴスラビア憲法)により、6共和国と2自治州の「経済主権」が認められ、緩い連邦制が導入された。1980年のチトーの死去後、1980年代の「経済危機」と共和国への昇格を求めるコソボのアルバニア人分離独立問題が長期化するなか、セルビアでは連邦制の強化を求める動きが顕著になり、民族主義の高まりを背景にして、ミロシェビッチが指導者として登場した。1980年代末には、連邦制の強化か、あるいは緩い国家連合への移行かをめぐり、セルビアとスロベニアが対立し、旧ユーゴは解体へと向かう。1990年に行われた共和国ごとに実施された自由選挙では、社会党と改称した共産主義者同盟が勝利を収めた。旧ユーゴが解体していく過程においても、モンテネグロはセルビアとともに連邦維持の立場を貫いた。
 1991年6月スロベニア、クロアチアが独立を宣言し、ユーゴ紛争(ユーゴスラビア内戦)が始まった。1992年1月には、両国がEC(ヨーロッパ共同体)諸国の承認を受けたことから、ユーゴスラビア社会主義連邦共和国が実質的に解体し、スロベニア、クロアチア、そしてマケドニア、ボスニア・ヘルツェゴビナも独立を宣言した。同1992年4月、モンテネグロはセルビアとともに、旧ユーゴを継承するユーゴスラビア連邦共和国(新ユーゴスラビア)を建国した。1995年にボスニア内戦が終息したが、新ユーゴでは、ミロシェビッチが実権を握り続けた。新ユーゴは国際復帰を果たせず、経済不振が継続したため、モンテネグロは自立傾向を強めた。また、ミロシェビッチ政権がコソボ紛争(1998~1999年)をめぐり、国際社会と対立し、1999年3月に新ユーゴはNATO(ナトー)(北大西洋条約機構)軍の空爆を受けた。この結果、モンテネグロの自立化傾向は強まった。
 2000年9月、経済制裁が続く最悪の経済状態のもとで行われた大統領選でミロシェビッチは敗北、10月の「民衆革命」により、13年に及ぶミロシェビッチ政権は崩壊し、セルビア野党連合(DOS)のコシュトゥニツァが新大統領となった。モンテネグロの自立化要求を受けて、2003年2月、連邦議会において新ユーゴを連合国家として再編するための憲法的憲章が採択された。これに伴い、国名がそれまでの「ユーゴスラビア連邦共和国」から「セルビア・モンテネグロ」に変更された。ユーゴスラビアという名称は完全に消滅した。
 その後も、ユーロを通貨とし、経済・法律などの体制もセルビア共和国と異なるモンテネグロ共和国では、独立傾向が強まった。2006年5月21日に行われた独立の是非を問う国民投票で、独立賛成票が55%を超えた。この結果を受けて、独立賛成案が議会で可決され、同年6月3日、人口65万人のモンテネグロは独立を宣言した。すぐに国際的承認を受けることができ、同年6月28日に国連に加盟。2007年10月に新憲法を制定し、正式な国名をモンテネグロ共和国からモンテネグロに変更した。
 政体は共和制。元首は大統領で任期は5年。2011年時点で大統領はフィリップ・ブヤノビッチFilip Vujanovi(1954― 、任期2003~ )。議会は一院制で81議席、任期は4年。政党は社会主義民主党、社会民主党、社会人民党、人民党、新党「変革のための運動」などがある。1991年以来、政権の中枢にいた実力者は社会主義民主党党首ミロ・ジュカノビッチMilo Djukanovi(1962― )で、首相と大統領を歴任。2009年3月の議会選挙(定数81)でも社会主義民主党中心の与党連合が勝利し、ジュカノビッチ政権が継続したが、2010年12月、ジュカノビッチは最大の政治課題であるEUとNATO加盟の端緒を開くことができたとして、首相を辞任した。後任の首相には財務相ルクシッチIgor Luki(1976― )が就任した。モンテネグロは、2009年12月にNATO加盟申請をしており、2010年12月にはEU加盟候補国になった。[柴 宜弘]

経済・産業

主要産業は、観光業、農業、製造業。とくに観光業は成長しつつあるが、インフラの整備とサービス向上が課題といえる。GDP(国内総生産)は約31億ドル、1人当りGDPは5214ドル(2007)。貿易額は輸出8.6億ドル、輸入29.5億ドル(2007)、主要輸出品目はアルミニウム、鉄鋼、木工品など、主要輸入品目は自動車、機械、食料品など、主要貿易相手国はセルビア、イタリア、クロアチア、ギリシアなど。[柴 宜弘]

文化

ディナル(ディナール)・アルプスがなす石灰岩の山岳地が大半を占め、外部から近づきがたい自然の「要塞」となっているため、オスマン帝国の直接統治を免れた。西欧カトリック文化と東方ビザンティン文化が交わる地域としての歴史をもち、文化遺産にもその影響が色濃く残る。世界遺産の登録地としては、アドリア海沿いの古都コトルKotorの自然・文化・歴史地域、自然遺産のドゥルミトル国立公園がある。[柴 宜弘]

日本との関係

旧ユーゴスラビア連邦時代以来の親日国であり、2004年にはモンテネグロ大学経済学部にも日本語コースが開設された。日本は2006年6月16日にモンテネグロの独立を承認、同年7月に外交関係を開設したが、外交公館は設置されていない。2007年6月にはジュカノビッチが来日。日本への輸出は8700万円、日本からの輸入は2.8億円(2010)。[柴 宜弘]
『柴宜弘編『もっと知りたいユーゴスラヴィア』(1991・弘文堂) ▽柴宜弘著『ユーゴスラヴィアで何が起きているか』(1993・岩波ブックレット) ▽クリソルド編、田中一生・柴宜弘・高田敏明訳『ユーゴスラヴィア史』(1995・恒文社) ▽伊東孝之、直野敦、萩原直、南塚信吾、柴宜弘監修『東欧を知る事典(新訂増補)』(2005・平凡社) ▽柴宜弘著『図説バルカンの歴史』(2006・河出書房新社) ▽柴宜弘著『ユーゴスラヴィア現代史』(岩波新書) ▽木村元彦著『終わらぬ「民族浄化」セルビア・モンテネグロ』(集英社新書) ▽千田善著『ユーゴ紛争――多民族・モザイク国家の悲劇』(講談社現代新書)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のモンテネグロの言及

【ツェティニェ】より

…ユーゴスラビア南西部,モンテネグロ共和国の都市。人口2万(1981)。…

※「モンテネグロ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

モンテネグロの関連キーワード東京芸術大学120周年巨文島事件グラント坪内逍遥パークスボードイン一次脱ガラス化作用大阪事件後藤牧太天津条約

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

モンテネグロの関連情報