コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コニン Konin

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

コニン
Konin

ポーランド中部,ウィエルコポルスキェ県の都市。ポズナンの東南東約 90km,ワルタ川沿いに位置する。 17世紀以来,織物の町として知られ,19世紀に各種工業が発達。第2次世界大戦中はドイツ軍により住民約 4000人が殺されるなど被害が大きかったが,戦後は周辺に炭鉱,アルミニウム精錬業などが発達し,市街も急速に拡大された。食品工業も盛ん。人口8万 2353 (2002) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

コニンの関連キーワードグローブ(Lefty Grove)キナアルカロイド動物性鞭毛虫類ウディ アレンエルスハイマーラセミ体の分割ラ・トラッペアルカロイドシンコニジンディズレーリ植物組織培養1月24日サフェリーアルカニンセーヘルスコインブラケカムリムラサキ黒沼 健関 直彦

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android