コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コニン Konin

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

コニン
Konin

ポーランド中部,ウィエルコポルスキェ県の都市。ポズナンの東南東約 90km,ワルタ川沿いに位置する。 17世紀以来,織物の町として知られ,19世紀に各種工業が発達。第2次世界大戦中はドイツ軍により住民約 4000人が殺されるなど被害が大きかったが,戦後は周辺に炭鉱,アルミニウム精錬業などが発達し,市街も急速に拡大された。食品工業も盛ん。人口8万 2353 (2002) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

コニンの関連キーワードグローブ(Lefty Grove)キナアルカロイドエルスハイマー動物性鞭毛虫類ラセミ体の分割ウディ アレンディズレーリシンコニジン植物組織培養アルカロイドラ・トラッペ1月24日サフェリーコインブラアルカニンセーヘルスムラサキ黒沼 健消化共生シコニン

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android