コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コハリイルカ Phocoena spinipinnis; Burmeister's porpoise

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

コハリイルカ
Phocoena spinipinnis; Burmeister's porpoise

クジラ目ハクジラ亜目ネズミイルカ科ネズミイルカ属。体長は約 1.85mである。最大体長記録はウルグアイのもので約 2m。最大体重は約 85kgである。出生体長は 80~90cm。体色は黒色から灰色で背部は濃く腹側はやや淡い。噴気孔は1個で頭部正中線上にある。頭部は小さく,嘴 (くちばし) はない。背鰭 (せびれ) 前方付近が最も太く,そこに小さい針状または鱗状の突起を有する。背鰭は体の後方5分の2に位置し,低いが幅があり,直角三角形状で,後縁はややふくらむ。胸鰭は比較的前方に位置する。尾柄部にある上下のキール (稜状の隆起) は発達している。歯は小さいへら状で,上顎骨に左右 10~23対,下顎骨に左右 14~23対ある。6頭以下の小群で行動するが,まれに 70頭以上の群れをなす。出産期は夏であるが,ペルーでは晩夏から秋にかけてが盛んである。カタクチイワシヘイク (メルルーサ科) などの小型魚類,スルメイカ類を捕食する。南アメリカ大陸のブラジル南部からフエゴ島南部およびペルー北部までの沿岸域に分布し,刺網で混獲される。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android