コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コフトラヤルベ Kohtla-Järve

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

コフトラヤルベ
Kohtla-Järve

エストニア北東部の工業都市。タリンとロシアのサンクトペテルブルグを結ぶ鉄道に沿い,両市のほぼ中間,フィンランド湾の南岸に位置する。オイルシェール (油母頁岩) の産地で,その採取・加工コンビナートがあり,種々の石油製品を生産している。サンクトペテルブルグ,タリンまでオイルシェールガスのパイプラインが通じる。鉱山化学専門学校,頁岩利用技術研究所などがある。人口7万 4700 (1991推計) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

コフトラヤルベの関連キーワードエストニア

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android