油母頁岩(読み)ゆぼけつがん

岩石学辞典の解説

油母頁岩

細かい層理のある黒色または暗色の頁岩で,蒸留によって石油またはガスを生じるもの.皮のような外観で,ナイフで切ると通常の頁岩では壊れるだけであるが,この頁岩では薄い巻き上がった片となる.石油成分は,海藻,腐泥(sapropelic)物質に由来する[Cadell, et al. : 1927, Greensmith : 1978].kerogen shale[Cunningham Craig : 1915]も同義.

出典 朝倉書店岩石学辞典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

油母頁岩
ゆぼけつがん
oil shale

褐色から黒色を呈する頁岩の一種で、油母とよばれる有機物を多量に含み、乾留すると天然の石油に似た油を生成するものをいう。オイルシェール、油頁(ゆけつ)岩ともいう。油母は炭素、水素、酸素、窒素、硫黄(いおう)などからなる複雑な高分子化合物で、藻類、花粉、胞子、樹脂や動物の軟体部などに由来する腐泥質物質と考えられている。シベリア、カナダ、アメリカ西部などに広く分布しており、原油にかわる資源として研究されている。[斎藤靖二]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android