コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

油母頁岩 ユボケツガン

5件 の用語解説(油母頁岩の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ゆぼ‐けつがん【油母×頁岩】

オイルシェール

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

岩石学辞典の解説

油母頁岩

細かい層理のある黒色または暗色の頁岩で,蒸留によって石油またはガスを生じるもの.皮のような外観で,ナイフで切ると通常の頁岩では壊れるだけであるが,この頁岩では薄い巻き上がった片となる.石油成分は,海藻,腐泥(sapropelic)物質に由来する[Cadell, et al. : 1927, Greensmith : 1978].kerogen shale[Cunningham Craig : 1915]も同義.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

ゆぼけつがん【油母頁岩】

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

油母頁岩
ゆぼけつがん

オイルシェール」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

油母頁岩
ゆぼけつがん
oil shale

褐色から黒色を呈する頁岩の一種で、油母とよばれる有機物を多量に含み、乾留すると天然の石油に似た油を生成するものをいう。オイルシェール、油頁(ゆけつ)岩ともいう。油母は炭素、水素、酸素、窒素、硫黄(いおう)などからなる複雑な高分子化合物で、藻類、花粉、胞子、樹脂や動物の軟体部などに由来する腐泥質物質と考えられている。シベリア、カナダ、アメリカ西部などに広く分布しており、原油にかわる資源として研究されている。[斎藤靖二]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

油母頁岩の関連キーワード東根笹喪章クロカラシ成長層理水流層理黒色ターフ土壌アムペライトブレエスペラゴサイト黒色黄鉄鉱質石灰岩