コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

油母頁岩 ユボケツガン

岩石学辞典の解説

油母頁岩

細かい層理のある黒色または暗色の頁岩で,蒸留によって石油またはガスを生じるもの.皮のような外観で,ナイフで切ると通常の頁岩では壊れるだけであるが,この頁岩では薄い巻き上がった片となる.石油成分は,海藻,腐泥(sapropelic)物質に由来する[Cadell, et al. : 1927, Greensmith : 1978].kerogen shale[Cunningham Craig : 1915]も同義.

出典|朝倉書店岩石学辞典について | 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

油母頁岩
ゆぼけつがん

オイルシェール」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

油母頁岩
ゆぼけつがん
oil shale

褐色から黒色を呈する頁岩の一種で、油母とよばれる有機物を多量に含み、乾留すると天然の石油に似た油を生成するものをいう。オイルシェール、油頁(ゆけつ)岩ともいう。油母は炭素、水素、酸素、窒素、硫黄(いおう)などからなる複雑な高分子化合物で、藻類、花粉、胞子、樹脂や動物の軟体部などに由来する腐泥質物質と考えられている。シベリア、カナダ、アメリカ西部などに広く分布しており、原油にかわる資源として研究されている。[斎藤靖二]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

油母頁岩の関連キーワードパベル ステパーノフノルドストランド石レニングラード州オイル・シェールネオケロジェンコフトラヤルベシェールオイルペトロロシェルパラフィン頁岩東北(中国)タスマナイトタスマニア岩ステパーノフパンゲルン岩ワックス頁岩エストニア樹脂質頁岩トルバン岩テレライト黒色泥岩層

今日のキーワード

間が持てない

1 時間をもてあましてどうしたらよいかわからない。「待ち時間が長すぎて―◦ない」2 途切れがちの会話などを、うまくつなぐことができない。「無口な相手で―◦ない」[補説]文化庁が発表した平成22年度「国...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android