コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コプト教会の音楽 コプトきょうかいのおんがくCoptic chant

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

コプト教会の音楽
コプトきょうかいのおんがく
Coptic chant

エジプト土着のキリスト教徒の教会であるコプト教会が発展させた独自の典礼音楽。5世紀の中頃ギリシア正教会から独立し,7世紀以来のアラブ人の支配を受けたコプト教会の音楽は,ビザンツ聖歌の影響を受けながら,古代エジプトやアラブの要素を保持していると思われる。音楽は口授で伝承され,地域によって,シンバルシストルム (小鈴を集めた打楽器) で伴奏することもある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android