口授(読み)クジュ

デジタル大辞泉の解説

く‐じゅ【口授】

[名](スル)直接に口で言って教え授けること。こうじゅ。「秘伝を口授する」

こう‐じゅ【口授】

[名](スル)口で言って直接に教えを授けること。くじゅ。「秘伝を口授する」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

くじゅ【口授】

( 名 ) スル
師から弟子に口頭で、直接に教え授けること。こうじゅ。 「秘伝を-する」

こうじゅ【口授】

( 名 ) スル
学問・技術などを口頭で教えること。くじゅ。 「原語で-する/俳諧師 虚子

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

く‐じゅ【口授】

〘名〙 直接に口で言って教えること。口伝(くでん)。こうじゅ。
※史記抄(1477)一六「伏生が口を受けたは二十九篇なりと云へども」
※江戸繁昌記(1832‐36)二「纔に先師口授の経文を臆誦するを以て」 〔漢書‐芸文志〕

こう‐じゅ【口授】

〘名〙 直接に口で言って教え授けること。くじゅ
※歌舞伎・繰返開花婦見月(三人片輪)(1874)序幕「学校で修身口授(コウジュ)に先生が、お教へなすった西洋に」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

アポ電詐欺

《「アポ」は「アポイントメント」の略》電話を使用した振り込め詐欺の一。身内の者になりすまして電話番号が変わったと伝え、再度電話して金銭を要求したり、役所の担当者や銀行員などになりすまして電話をかけ、後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

口授の関連情報