コプロポルフィリン(英語表記)coproporphyrin

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「コプロポルフィリン」の解説

コプロポルフィリン
coproporphyrin

C36H38N4O8 。尿および糞便中に含まれるポルフィリン体の一種ウロポルフィリン肝臓でコプロポルフィリンに変換,解毒されるので,コプロポルフィリンが尿および糞便中におけるポルフィリンの大部分を占める。1日の尿中ポルフィリン排泄量の 70%はI型,残りは III型で,糞便排泄量の 70~90%がI型である。ポルフィリン症患者の尿および糞便中にはδ-アミノレブリン酸,ポルホビリノーゲンとともに多量のコプロポルフィリンが見出される。肝硬変症ではコプロポルフィリン IIIが多く排泄される。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

プラスチックワード

意味のあいまいなままに、いかにも新しい内容を伝えているかのように思わせる言葉。プラスチックのように自由に組み合わせ、さまざまな分野で手軽に使える語をさす。ドイツの言語学者ベルクゼンが提唱。「国際化」「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android