コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コプロポルフィリン コプロポルフィリンcoproporphyrin

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

コプロポルフィリン
coproporphyrin

C36H38N4O8 。尿および糞便中に含まれるポルフィリン体の一種。ウロポルフィリンは肝臓でコプロポルフィリンに変換,解毒されるので,コプロポルフィリンが尿および糞便中におけるポルフィリンの大部分を占める。1日の尿中ポルフィリン排泄量の 70%はI型,残りは III型で,糞便排泄量の 70~90%がI型である。ポルフィリン症患者の尿および糞便中にはδ-アミノレブリン酸,ポルホビリノーゲンとともに多量のコプロポルフィリンが見出される。肝硬変症ではコプロポルフィリン IIIが多く排泄される。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

コプロポルフィリンの関連キーワード皮膚ポルフィリン症の検査

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android