コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コプロポルフィリン コプロポルフィリン coproporphyrin

2件 の用語解説(コプロポルフィリンの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

コプロポルフィリン
コプロポルフィリン
coproporphyrin

C36H38N4O8 。尿および糞便中に含まれるポルフィリン体の一種。ウロポルフィリンは肝臓でコプロポルフィリンに変換,解毒されるので,コプロポルフィリンが尿および糞便中におけるポルフィリンの大部分を占める。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

栄養・生化学辞典の解説

コプロポルフィリン

 C36H38N4O8 (mw654.72).

 コプロポルフィリノーゲンの酸化生成物で尿中へ排泄される.4種の異性体がある.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

コプロポルフィリンの関連キーワード糞便及び難い聞及びA型肝炎ウイルス糞便汚染指標菌縦凹地および稜宝石礫および砂滓状および灰状熔岩流予算決算および会計令糞便検査

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone