肝硬変症(読み)かんこうへんしょう

  • かんこうへんしょう カンカウヘンシャウ

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 肝臓の細胞が破壊され、これにかわって結合組織が増殖するために、肝臓が硬化する疾患。アルコール飲料、栄養の欠陥、寄生虫などが原因となる。経過は緩慢で、食欲不振、悪心、下痢などで始まり、腹水、黄疸、むくみなどの症状が続く。尿量は減り胃腸に鬱血(うっけつ)がおこり、消化作用がそこなわれ、栄養も著しく衰えて、ついには死亡する。肝硬変。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の肝硬変症の言及

【肝硬変】より

…肝臓が硬くなる病気で,肝硬変の肝臓が黄色を帯びていたことから,ギリシア語のkirrhos(帯黄色の)が語源となった。主として肝炎から進展した肝硬変症と,非ウイルス性の自己免疫性の機序によって起こる原発性胆汁性肝硬変がある。
【肝硬変症cirrhosis of the liver】
 極度に進んだ肝臓障害(瀰漫(びまん)性肝障害)。…

【腹水】より

…漏出性腹水は,肝硬変,腎臓疾患ことにネフローゼ症候群,心不全などでみられる。肝硬変症では,肝細胞障害により肝臓のアルブミン合成能が低下するために,血中のアルブミン濃度が減少してコロイド浸透圧の低下を起こし,血液の漏出が起こりやすくなる。さらに,胃,腸管などから集まって肝臓に入る門脈の門脈圧亢進や肝リンパの増加が加わると,容易に腹水が生じる。…

※「肝硬変症」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

オーバーシュート

感染症の爆発的な感染拡大を指す。語源は、「(目標を)通り越す」「(飛行機などが停止位置を)行き過ぎる」という意味の英語の動詞「overshoot」。2019年12月に発生した新型コロナウイルスに関して...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android