コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コミュテーション commutation

翻訳|commutation

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

コミュテーション
commutation

金納化」と訳される。封建的地代である賦役 (労働地代) または生産物地代貨幣地代への転化,すなわち従来労役または物納であった地代を金納化すること。貨幣地代そのものは,国によって部分的にかなり古くから存在したが,これが一般的傾向となるのは早い国で 12世紀頃から,全体としては 14~15世紀には支配的となった。地代の金納化は,生産力の発展が社会的分業を促進し,これによって貨幣経済が浸透し,領主,農民とも貨幣経済への依存を深めたことが背景となっている。金納化が進むと,農民は自己の保有地の生産性を高めることに努力し,また領主への隷従的な身分的関係も次第に弱められるにいたる。こうして,農民的土地所有者である独立自営農民続出の基盤が醸成され,封建社会は危機を迎えることとなる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android