コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

転化 テンカ

百科事典マイペディアの解説

転化【てんか】

ショ糖を加水分解するとブドウ糖と果糖の等量混合物が得られるが,この際旋光性が右旋性から左旋性に変わる(図)。このような旋光性の変化を転化といい,生成物であるブドウ糖と果糖の等量混合物を転化糖という。
→関連項目加水分解ショ(蔗)糖

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

栄養・生化学辞典の解説

転化

 ある処理や自然の状態で化合物が変化した結果,旋光性が逆転すること.特に,ショ糖を加水分解して旋光性が逆転することについていう.

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

大辞林 第三版の解説

てんか【転化】

( 名 ) スル
ある状態が他の状態に変わること。 「愛情が憎悪に-する」
スクロース(ショ糖)水溶液が加水分解されて D -グルコース(ブドウ糖)と D -フルクトース(果糖)が生成するとき、全体として旋光性が右旋性から左旋性に逆転すること。 → 転嫁(補説欄)

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

転化
てんか
inversion

ショ糖(サッカロース)を加水分解することをいう。ショ糖を加水分解すると、最初に右旋性であった液が加水分解が進むにしたがってしだいに左旋性に変わるので転化という術語が与えられた。転化がおこる理由は、比旋光度+66.5°のショ糖が加水分解されると、比旋光度-92.3°のD-フルクトースと+52.7°のD-グルコースが等モル量できる。D-フルクトースの左旋性がD-グルコースの右旋性に比較して大きいため、加水分解が進むにしたがい全体として左旋性に転じ、最終的には比旋光度-20°になるからである。転化によりできたD-フルクトースとD-グルコースの混合物を転化糖といい、ショ糖より消化吸収されやすく味もすこし異なるので、菓子類、食品などに用いられる。[廣田 穰]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

転化の関連キーワードベリー‐デドリック現象ドレル‐ヤンのプロセス不変資本・可変資本欲求不満攻撃性仮説カタバティック風クラーゲットの式三十二年テーゼフレヒトバントインベルターゼエクセルギー人民資本主義石油化学工業しょっつる労働価値説拡大再生産負債者国家ブリザードオルゴール一次反応抗日運動

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

転化の関連情報