コムカデ類(読み)コムカデるい(英語表記)Symphyla

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

コムカデ類
コムカデるい
Symphyla

節足動物門コムカデ綱を形成する種類の総称。結合類ともいう。体長 5mm以下で,体は白色。外見はムカデ類の幼虫に似ており,12対の歩脚をもつ。また昆虫のシミ類に似ている点もあるため,ムカデ類と昆虫を結ぶ動物群とされる。湿った枯れ葉や石の下の土壌中に広く分布し,腐植質やカビを食べる。世界に約 120種が知られている。日本産は3種で,ヨーロッパに広く分布するナミコムカデ Hanseniella caldarieが本州,四国,九州にごく普通にみられる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android