コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コムソモーリスクナアムーレ コムソモーリスクナアムーレKomsomol'sk-na-Amure

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

コムソモーリスクナアムーレ
Komsomol'sk-na-Amure

ロシア東部,ハバロフスク地方の都市。ハバロフスクの北東約 270km,アムール川下流部左岸に位置する河港都市。 1932年ソ連各地から集ったコムソモール (全連邦レーニン共産主義青年同盟) の青年男女により,湿原と原始林の地に建設された。その後急速に発展,ロシア極東部有数の重工業都市となっている。主要工業は鉄鋼,機械,造船,石油精製,食品 (食肉,乳製品水産加工) ,家具などで,対岸のピバン,北西のゴルヌイ,スズ産地ソルネチヌイ,南のアムールスクなどとともに工業地帯を形成している。教育大学工科大学,郷土博物館,劇場などがある。ハバロフスクの西のボロチャエフカでシベリア横断鉄道から分岐し,ソビエツカヤガバンまで延びる鉄道が通り,またバム鉄道 (第2シベリア鉄道) の終点。空港もある。人口 26万3906(2010)。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone