コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コラチオ・ルストラリス collatio lustralis

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

コラチオ・ルストラリス
collatio lustralis

ローマ皇帝コンスタンチヌス1世 (大帝) によって設けられた取引税。商人金貸し宿屋,売春業者,製品を売る手工業者などに課され,5年ごとに金銀 (4世紀後半からは金のみ) で納められた。医師,教師,地主小作人などは免れた。重税ではなかったが,都市の零細な商工業者には負担となった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報