コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コリント連盟 コリントれんめい League of Korinthos(Corinth)

1件 の用語解説(コリント連盟の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

コリント連盟
コリントれんめい
League of Korinthos(Corinth)

別名ギリシア連盟。前 338年カイロネイアでのギリシア連合軍に対する勝利の翌年,マケドニアフィリッポス2世の主宰するコリント会議で結成したスパルタを除く全ギリシアの同盟。ギリシア諸市相互間の平和,自由と自治,現体制の維持などを目指し,ここにギリシアの統一と平和が実現されたのであるが,次いで決議されたペルシア征討では,統帥権をフィリッポスが握り,マケドニアのギリシア支配に都合よくできた同盟にすぎなかった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

コリント連盟の関連キーワードカイロネイアカイロネイアの戦いギリシア悲劇ミクロネシア連邦ギリシャ語ギリシャ文字いろねフィリッポスプロネーションカイロネイアの戦

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone