コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

孝公 こうこうXiào gōng

世界大百科事典 第2版の解説

こうこう【孝公 Xiào gōng】

前381‐前338
中国,戦国の王。献公の子。在位,前361‐前338年。当時の秦は諸国から夷狄(いてき)として遇されるほどの後進国であった。英主孝公はこれを屈辱とし,国威を伸張しようと広く天下に人材を求め,これに応じて入秦した公孫鞅(のちの商鞅(しようおう))を信任して大規模な国政の改革(変法)を断行した。富国強兵と中央集権体制の確立を目ざした改革は功を奏し,秦は一躍して強国にのし上がり,後の始皇帝による天下統一の基礎が築かれた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の孝公の言及

【春秋戦国時代】より

…当時中央を占め,その勢力範囲に周王室をも包摂していた韓(河南省宜陽,のち河南省禹県,河南省新鄭)は,四方を強国に囲まれ,強大になることはなかった。 このような状況に対し,西方にあった秦は前4世紀前半には魏に奪われた陝西東部の回復に着手し,孝公(在位,前361‐前338)は衛から亡命してきた商鞅を登用し,法治主義の政治体制を整え,農民を再編成し,軍功による爵位の制度を設け,地方の行政組織として県を置き,官吏を派遣して治めるなどの改革を行い,さらに都を雍(陝西省鳳翔)から東の咸陽(陝西省咸陽)にうつして東進の態勢を整え,魏の領内に侵攻した。さらに韓の西部を攻めるとともに,漢江を下って楚に攻撃を繰り返した。…

【秦】より

…文公(前765‐前716)のときには,汧水(けんすい)と渭水が合流する付近に都を置いたが,勢力の拡大とともに春秋時代には平陽(陝西省岐山県南西),雍(よう)(陝西省鳳翔県南)に置かれた。なお首都はその後,涇陽(けいよう)(陝西省涇陽県),櫟陽(れきよう)(陝西省臨潼県付近)と移り,最終的には前350年(孝公12)に咸陽を都と定め,これが秦滅亡まで首都となる。 春秋時代における秦は,他の中原の諸侯国に比べて後進国に属していたが,それが飛躍的に発展拡大したのが9代目の君主穆(ぼく)公(前659‐前621)のときである。…

※「孝公」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

孝公の関連キーワード秦の時代(年表)魏[戦国時代]孝公[秦]阿房宮隣保制郡県制咸陽宮咸陽武辺四君七雄藍田禁書