コルコバードの丘(読み)コルコバードノオカ

デジタル大辞泉の解説

コルコバード‐の‐おか〔‐をか〕【コルコバードの丘】

Corcovado》ブラジル南東部の都市リオデジャネイロにある丘。市街南西部に位置する。標高709メートル。頂上にある高さ30メートルのキリスト像は、1931年にブラジルの独立100周年を記念して建てられたもの。2012年に「リオデジャネイロ:山と海の間のカリオカの景観」の名称で世界遺産(文化遺産)に登録された。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

コルコバードの丘【コルコバードのおか】

ブラジル,リオ・デ・ジャネイロ郊外の丘。標高709mの位置に町を一望する展望台があって,高さ38mのキリスト像が立っており,リオのシンボルとして有名で多くの観光客が訪れる。麓のコスメ・ベリョ地区から登山電車が出ており,頂上の駅まで所要約20分。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

今日のキーワード

在職老齢年金

就業している高齢世代にも一定の年金を支給する制度。2004年の年金改正で、就労を阻害せず、働くことに中立な仕組みにするため、60歳代前半の人には厚生年金(定額部分も含む)の一律2割カットの仕組みを廃止...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

コルコバードの丘の関連情報