コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コルコバードの丘 コルコバードノオカ

デジタル大辞泉の解説

コルコバード‐の‐おか〔‐をか〕【コルコバードの丘】

Corcovado》ブラジル南東部の都市リオデジャネイロにある丘。市街南西部に位置する。標高709メートル。頂上にある高さ30メートルのキリスト像は、1931年にブラジルの独立100周年を記念して建てられたもの。2012年に「リオデジャネイロ:山と海との間のカリオカの景観群」の名称で世界遺産(文化遺産)に登録された。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

コルコバードの丘【コルコバードのおか】

ブラジル,リオ・デ・ジャネイロ郊外の丘。標高709mの位置に町を一望する展望台があって,高さ38mのキリスト像が立っており,リオのシンボルとして有名で多くの観光客が訪れる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

コルコバードの丘の関連キーワードリオデジャネイロ:山と海の間のカリオッカの景観リオデジャネイロ州チジュカ国立公園

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android