コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コルテ コルテCorte

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

コルテ
Corte

フランス,コルシカ島中部にある町。オートコルス県に属する。バスティアとアジャクシオの2つの主要都市を結ぶ道路,鉄道のほぼ中央にある地方商業の中心地。ワイン,オリーブ油,チーズ,クリなどを産し,付近にレストニカ峡谷とその水源地ムロ湖,モンテロトンド (2625m) ,タビニャノ峡谷などの景勝地が多い。 18世紀ジェノバからのコルシカ独立を目指した P.パオリの臨時独裁政権下 (1755~69) と,イギリス占領時代 (94~96) の首都。人口約 6000。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

コルテ(Corte)

地中海西部にあるフランス領の島、コルシカ島の中央部の町。内陸部最大の町で同島唯一の大学がある。18世紀にジェノバ共和国からの独立運動の拠点になり、独立政府が置かれた。コルト。コルティ。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

コルテの関連キーワードホワイトサイエンス プレミアムバイタルサイエンス プレミアムディアス・デル・カスティリョディアス・デル・カスティリョパロス・デ・ラ・フロンテラウェヴァー‐ブレイ効果フューチャーサイエンスモイスチュアリポソームコルテヌオーバの戦いタッシリ・ナジェールサン・ペドロ・スラモクテスマ[2世]コンキスタドーレスモクテスマ(2世)AQ ミリオリティヴィタ ドレーブコンキスタドレスサンペドロスーラマキエクスペールホワイトロジスト

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

コルテの関連情報