コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コルビザール・デ・マレ Jean Nicolas Corvisart des Marest

1件 の用語解説(コルビザール・デ・マレの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

コルビザール・デ・マレ【Jean Nicolas Corvisart des Marest】

1755‐1821
フランスの医師,近代心臓病学の創始者で,打診法の再発見者として知られ,病理解剖学の分野にも功績を残した。シャンパーニュのドリクールに生まれる。パリのオテルデューで医学を学び,シャリテ病院医員を経てコレージュ・ド・フランスの内科学教授となり,1807年ナポレオン1世の侍医になる。J.L.アウエンブルッガーが発明した打診法(1761)を再発見し,それを仏訳(1808)するとともに,補足改良して胸部疾患の診断に用いた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のコルビザール・デ・マレの言及

【アウエンブルッガー】より

…ウィーンのイスパニア病院に勤務中,《胸壁をたたいて胸腔内部にかくれた病気の徴候をみつけるための新考案》(1761)を公表して打診法を創始した。片手の指で胸壁を直接たたく簡単な手技であったが,19世紀初めパリ学派の巨頭J.N.コルビザール・デ・マレの推奨で普及,現在は,指をあて,その上を指でたたく指・指打診法になり広く常用されている。【本田 一二】。…

※「コルビザール・デ・マレ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

コルビザール・デ・マレの関連キーワード忠海鶴屋南北浅草市人鶴屋南北ブロートンボーキサイト花崗岩嵐璃寛銚子醤油メキシコ美術

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone