コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コレオケーテ Coleochaete

世界大百科事典 第2版の解説

コレオケーテ【Coleochaete】

体は直立分枝する糸状体,または細胞が平面に放射状に密に並んでできた偽柔組織の盤状体で,いずれも池や沼などに生育する。生殖は卵と精子による。生卵器は枝の側部に形成され,その先端は長く伸びて受精毛となり,精子をとらえるのに役だつ。受精すると,卵の付近の細胞から細胞糸が伸長し,受精卵を完全にとり囲む。この部分はとくにスペルモカルプspermocarpと呼ばれる。受精卵は成熟すると減数分裂して通常4~8個の遊走子となる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android