コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コレオケーテ Coleochaete

1件 の用語解説(コレオケーテの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

コレオケーテ【Coleochaete】

体は直立分枝する糸状体,または細胞が平面に放射状に密に並んでできた偽柔組織の盤状体で,いずれも池や沼などに生育する。生殖は卵と精子による。生卵器は枝の側部に形成され,その先端は長く伸びて受精毛となり,精子をとらえるのに役だつ。受精すると,卵の付近の細胞から細胞糸が伸長し,受精卵を完全にとり囲む。この部分はとくにスペルモカルプspermocarp呼ばれる。受精卵は成熟すると減数分裂して通常4~8個の遊走子となる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

コレオケーテの関連キーワード菌糸糸状体錐状体接合藻類藍藻類伊吹防風鞘味泥桿状体笄石菖トサカノリ

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone