コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コレステリン肉芽腫 これすてりんにくげしゅ Cholesterin Granuloma

1件 の用語解説(コレステリン肉芽腫の意味・用語解説を検索)

家庭医学館の解説

これすてりんにくげしゅ【コレステリン肉芽腫 Cholesterin Granuloma】

[どんな病気か]
 にかわ状の分泌物(ぶんぴつぶつ)が耳管(じかん)から排泄(はいせつ)できなくなり、徐々に中耳腔(ちゅうじくう)にたまって肉芽(にくげ)(増殖(ぞうしょく)した結合組織)ができる病気です。
 この肉芽が、中耳腔に充満すると難聴(なんちょう)がおこってきます。
 にかわ状の滲出性中耳炎しんしゅつせいちゅうじえん)が長引いたときにおこります。
 初めは、滲出性中耳炎と診断されますが、鼓膜(こまく)を切開(せっかい)しても滲出液が出てこないことからこの病気が疑われます。
[治療]
 手術を行なっても、肉芽腫をコントロールすることはむずかしく、大口径のチューブを10年以上留置(りゅうち)するか、鼓膜に大穿孔(だいせんこう)(大きな孔(あな))を開けて肉芽腫を管理します。もっとも治しにくい中耳炎の1つです。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。この事典によって自己判断、自己治療をすることはお止めください。あくまで症状と病気の関係についてのおおよその知識を得るためのものとお考えください。

コレステリン肉芽腫の関連キーワード精液内分泌分泌組織何心地分泌腺分泌物耳垂れ足糸分泌顆粒

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone