コレッリ(読み)これっり(英語表記)Franco Corelli

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

コレッリ(Franco Corelli)
これっり
Franco Corelli
(1921―2003)

イタリアのテノール歌手。アンコーナ生まれ。1951年スポレートで『カルメン』のドン・ホセを歌いデビュー。54年ミラノ・スカラ座に初登場、以後65年まで同歌劇場に所属。その間、世界の主要歌劇場に客演、マリア・カラスともしばしば共演した。ベッリーニ、ドニゼッティ、ベルディ、プッチーニのオペラを得意とし、強靭(きょうじん)で輝かしい声質と叙情的歌唱、劇的表現、美しい容姿で人気を博した。高音を引き伸ばしたり、リズムを声にあわせて変更するなど、その独自の歌い方は「コレッリ・スタイル」とよばれたこともあった。71年(昭和46)初来日。[美山良夫]
『ピエール・マリア・パオレッティ著、南条年章訳『スカラ座の人』(1988・音楽之友社) ▽本間公著『この声が魅了する――続・思いっきりオペラ』(1994・宝島社) ▽ヘレナ・マテオプーロス著、岡田好恵訳『偉大なるテノールたち――カルーソーから現代まで』(2002・アルファベータ)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

人望

信頼できる人物として、人々から慕い仰がれること。「人望を集める」「人望を失う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

コレッリの関連情報