コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カルーソー Enrico Caruso

百科事典マイペディアの解説

カルーソー

カルーゾー

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

カルーソー【Enrico Caruso】

1873~1921) イタリアのテノール歌手。ベルカントの模範とされる唱法と豊かな演技力で国際的に活躍し、オペラの黄金時代を築いた。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

カルーソー
かるーそー
Enrico Caruso
(1873―1921)

イタリアのテノール歌手。2月25日ナポリの貧しい家庭に生まれ、初めは教会の少年聖歌隊で歌っていた。18歳から本格的に声楽を学び、1894年ナポリでデビュー。98年にミラノのリリコ劇場と契約し、1900年にミラノ・スカラ座に出演。02年以後はニューヨークのメトロポリタン歌劇場を中心に、欧米各地の主要オペラ・ハウスに出演したが、イタリアでは2回の慈善公演で歌っただけであった。彼は音楽の基礎的訓練が十分でなかったため晩成型であったが、バリトンと間違えられる暗い声質を利用し、本来のテノールとしての彼がもっていた柔らかく絹のような声と混用、幅広い表現領域を獲得、また巧みな呼吸法、特有のレガートやポルタメントの甘美さによって、イタリア、フランスの叙情的なオペラ(マスネ、プッチーニなどの作品)やベルディなどのドラマチックな作品を中心に歌い、一世を風靡(ふうび)した。21年8月2日ナポリで没。第二次世界大戦後、彼を主人公とした映画『歌劇王カルーソ』(1951)がマリオ・ランツァ主演でつくられた。[美山良夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

カルーソーの関連キーワードコレッリ(Franco Corelli)キング・オブ・ニューヨークウィリアム マッテウッツィエンリコ カルーソーラモン ヴァルガスアンネ シャプレディ・ステファノ愛と青春の旅だちパバロッティベルカント2月27日スキーパティースカルー演技力ゲッダ唱法模範

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

カルーソーの関連情報