コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カルーソー カルーソー Enrico Caruso

4件 の用語解説(カルーソーの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

カルーソー(Enrico Caruso)

[1873~1921]イタリアオペラ歌手。テノールの幅広い声量、表情豊かな演技で、20世紀初頭のオペラ黄金時代を築いた。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

カルーソー【Enrico Caruso】

1873~1921) イタリアのテノール歌手。ベルカントの模範とされる唱法と豊かな演技力で国際的に活躍し、オペラの黄金時代を築いた。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

カルーソー
かるーそー
Enrico Caruso
(1873―1921)

イタリアのテノール歌手。2月25日ナポリの貧しい家庭に生まれ、初めは教会の少年聖歌隊で歌っていた。18歳から本格的に声楽を学び、1894年ナポリでデビュー。98年にミラノリリコ劇場と契約し、1900年にミラノ・スカラ座に出演。02年以後はニューヨークメトロポリタン歌劇場を中心に、欧米各地の主要オペラ・ハウスに出演したが、イタリアでは2回の慈善公演で歌っただけであった。彼は音楽の基礎的訓練が十分でなかったため晩成型であったが、バリトンと間違えられる暗い声質を利用し、本来のテノールとしての彼がもっていた柔らかく絹のような声と混用、幅広い表現領域を獲得、また巧みな呼吸法、特有のレガートポルタメントの甘美さによって、イタリア、フランスの叙情的なオペラ(マスネプッチーニなどの作品)やベルディなどのドラマチックな作品を中心に歌い、一世を風靡(ふうび)した。21年8月2日ナポリで没。第二次世界大戦後、彼を主人公とした映画『歌劇王カルーソ』(1951)がマリオ・ランツァ主演でつくられた。[美山良夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

カルーソーの関連キーワードオペラセリアオペラブッファ道化師オルフェオアルジェのイタリア人イドメネオ冬のオペラ夢遊病の女パイジェッロスカルラッティ アレッサンドロ

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

カルーソーの関連情報