コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

プッチーニ プッチーニ Puccini, Giacomo

8件 の用語解説(プッチーニの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

プッチーニ
プッチーニ
Puccini, Giacomo

[生]1858.12.22. イタリアルッカ
[没]1924.11.29. ベルギーブリュッセル
イタリアの作曲家。フルネーム Giacomo Antonio Domenico Michele Secondo Maria Puccini。父祖代々の音楽家の家系に生まれ,1880年にミラノ音楽院に入り,アントニオバッツィーニ,アミルカレ・ポンキエッリらに師事。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

プッチーニ(Giacomo Puccini)

[1858~1924]イタリアの作曲家。人情味豊かな題材、優美な旋律、人物描写の妙を尽くしたオペラを多く作曲。作品に「ラ‐ボエーム」「トスカ」「蝶々夫人」など。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

プッチーニ

イタリアの作曲家。イタリア中部トスカナ州のルッカで,5代続いた音楽家の家系に生まれる。1880年−1883年ミラノ音楽院でポンキエリに師事し,学友マスカーニと交友。
→関連項目マノン・レスコーロス・アンヘレス

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

ピティナ・ピアノ曲事典(作曲者)の解説

プッチーニ

19世紀末から20世紀初頭にかけ、「ラ・ボエーム」「トスカ」「蝶々夫人」など数々のオペラ名作を生み出した作曲家。彼の作品は親しみ易い作風ときわめて美しい旋律を特徴とし、イタリアのG・ヴェルディと人気 ...続き

出典|(社)全日本ピアノ指導者協会
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラスの解説

プッチーニ

イタリア制作のテレビドラマ。原題は《Puccini》。放映は1973年。イタリアのオペラ作家ジャコモ・プッチーニの生涯を描くミニ・シリーズ。プッチーニ生誕150年記念番組として制作された。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

プッチーニ【Giacomo Puccini】

1858‐1924
イタリアの作曲家。ベルディ以後イタリアの生んだ最大のオペラ作曲家。5代続いた音楽家の家系に生まれ,ミラノ音楽院でA.ポンキエリに学び,学友P.マスカーニと親しくなった。1884年最初のオペラを発表。93年3作目のオペラ《マノン・レスコー》で成功を収め,《ラ・ボエーム》(1896),《トスカ》(1900),《蝶々夫人》(1904)と傑作を書き続け,《トゥランドット》(未完。F.アルファーノが完成させて1926年初演)まで10曲のオペラを作曲した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

プッチーニ【Giacomo Puccini】

1858~1924) イタリアの作曲家。劇的効果のよく計算された、流麗で感傷的な旋律で親しまれる多くのオペラを作曲。作品「ラ-ボエーム」「トスカ」「蝶蝶夫人」「トゥランドット」など。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

プッチーニ
ぷっちーに
Giacomo Puccini
(1858―1924)

イタリアのオペラ作曲家。ルッカに生まれる。18世紀から続く音楽一族の出身。5歳で音楽家の父を失って以来、家族の期待を担って音楽修業を始める。14歳のころオルガン奏者となり、17歳でオルガン曲を作曲したが、1876年にピサでベルディのオペラ『アイーダ』に接してからは、宗教音楽家という一族の伝統を破ってオペラ作曲家になる決意を固めた。そして4年後、この目的を果たすためにミラノ音楽院に入り、3年間ポンキエッリなどに作曲を学んだ。1884年に師の勧めでオペラ第一作『ビッリ』Le Villiを作曲し、ミラノにおける初演は成功を収めた。これは妖精(ようせい)ビッリの伝説に基づく悲劇で、バレエ『ジゼル』と同じ題材を扱っている。第二作『エドガー』(1889ミラノ初演)は、『カルメン』の安直な焼き直しの台本がプッチーニの資質とあわず、完全な失敗に終わった。第三作『マノン・レスコー』(1893トリノ初演)は、アベ・プレボーの同名小説に基づくマスネのオペラ『マノン』に啓発されて、作曲者自らが選んだ最初の作品で、後にも先にも例のない成功を収め、オペラ作曲家としての地位を築いた。
 第四作『ボエーム』は、『トスカ』『蝶々(ちょうちょう)夫人』と並ぶプッチーニの三大作(いずれもL・イリッカLuigi Illica(1857―1919)とG・ジャコーザの台本)の最初の作品で、パリの裏町の貧しくも若い芸術家の群像が、写実的に生き生きと描かれている。1896年トリノでトスカニーニの指揮で初演されたが、前作のロマン性を期待した聴衆には不評であった。続く『トスカ』は、V・サルドゥーの同名戯曲に基づく初めてのベリズモ・オペラで、1900年にローマで初演されたが、筋書きの残酷性などが非難の的となり、不成功に終わった。『蝶々夫人』は、実話に基づくJ・L・ロングJohn Luther Long(1861―1927)の小説をD・ベラスコが戯曲化した英語の芝居で、1900年にこれをロンドンで見たプッチーニがオペラ化を計画、1904年にミラノのスカラ座で初演をみたが、前二作と同じく失敗に終わった。しかし、日本の芸者とアメリカ人士官のこの悲恋劇は、エキゾチシズムの点で、黄金狂時代のアメリカを舞台にした『西部の娘』(1910ニューヨーク初演)や、中国に取材した遺作『トゥーランドット』より成功している。以上の三大作は、いずれも初演時には高い評価を受けなかったとはいえ、現在ではオペラの主要なレパートリーとして根強い人気をもっている。とくに『蝶々夫人』は日本でもっともポピュラーなオペラの一つとして親しまれ、また古くは三浦環(たまき)から東敦子(あずまあつこ)(1936―1999)、林康子(はやしやすこ)(1943― )に至るまで、日本人プリマドンナが世界の檜(ひのき)舞台で活躍するための「切り札」の作品ともなっている。
 そのほかの作品に、オペレッタ的な『燕(つばめ)』(1917モンテ・カルロ初演)と、三部作『外套(がいとう)』『修道女アンジェリーカ』『ジャンニ・スキッキ』(1918ニューヨーク初演)がある。いずれも一幕からなる三部作の前二作はなまぬるい作風だが、第三作はベルディの晩年の喜劇『ファルスタッフ』に比すべき、唯一の傑作喜劇である。遺作『トゥーランドット』は最後の二重唱まで書き上げてあったが、未完成のままブリュッセルに没したので、死後アルファーノFranco Alfano(1875―1954)によって完成され、1926年ミラノで初演された。
 プッチーニのオペラの魅力は、彼の生来もっている演劇的感覚が、叙情味あふれる親しみやすい旋律や緊密な管弦楽法などとともに、リアリティーに富む、生き生きとした独特の舞台効果をもたらしている点にあるといえよう。[船山信子]
『M・カーナ著、加納泰訳『プッチーニ――生涯・芸術』(1967・音楽之友社) ▽M・カーナ著、加納泰訳『プッチーニ――作品研究』(1968・音楽之友社) ▽宮沢縦一著『プッチーニのすべて』(1990・芸術現代社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のプッチーニの言及

【蝶々夫人】より

プッチーニ作曲の2幕3場のオペラ。《マダム・バタフライ》の名でも親しまれている。…

【トスカ】より

G.プッチーニ作曲の3幕のオペラ。1900年1月ローマのコスタンツィ劇場で初演。…

【ラ・ボエーム】より

プッチーニの4幕のオペラ。フランスの作家ミュルジェHenri Murger(1822‐61)の自己体験によってまとめ上げた短編集《ボヘミアンの生活情景》に基づくG.ジャコーザとL.イリカの台本に作曲,1896年トリノで初演した。…

※「プッチーニ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

プッチーニの関連キーワードイタリアン愛の妙薬イタリア奇想曲イタリア協奏曲イタリアのハロルドイタリア風セレナーデイタリアーナ運命の力エルナーニマリピエロ

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

プッチーニの関連情報