コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ドニゼッティ ドニゼッティ Donizetti, Gaetano

7件 の用語解説(ドニゼッティの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ドニゼッティ
ドニゼッティ
Donizetti, Gaetano

[生]1797.11.29. ベルガモチザルピーナ共和国
[没]1848.4.8. ベルガモ,オーストリア帝国領ロンバルディア
イタリアの作曲家。フルネーム Domenico Gaetano Maria Donizetti。ボローニャ音楽院に学び,法律家にしようとする父の束縛から逃れるために入隊。余暇にオペラを作曲して好評を博した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ドニゼッティ(Gaetano Donizetti)

[1797~1848]イタリアの作曲家。明朗で洗練された作風で、19世紀前半のイタリア‐オペラを代表。作品に「ランメルムーアルチア」など。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ドニゼッティ

イタリアのオペラ作曲家。19世紀前半のイタリア・オペラ界でロッシーニベリーニと並び称された。生地ベルガモとボローニャで音楽を学び,1818年に最初のオペラを発表。
→関連項目カラスベルガモ

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

ピティナ・ピアノ曲事典(作曲者)の解説

ドニゼッティ

イタリアの作曲家。オラトリオカンタータなどの宗教曲やオーケストラ作品、室内楽作品、ピアノ作品、歌曲と多作で筆の速い作曲家であった。今日では、ベル・カント・オペラの作曲家として知られている。織物業を ...続き

出典|(社)全日本ピアノ指導者協会
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ドニゼッティ【Gaetano Donizetti】

1797‐1848
イタリアのオペラ作曲家。ロッシーニベリーニとともに19世紀初頭のイタリア・オペラ界に黄金時代を築いた。1818年,最初のオペラを発表して成功,イタリアからパリやウィーンにも活躍の場をひろげ,25年間に70曲近いオペラを作曲。国際的名声とともに職人的筆の速さを誇っているが,歌手のベルカント技法を際だたせる流麗・甘美な旋律と快適なリズムに劇的興奮を加味し,オペラ全体の劇的効果を高めることに天賦の才能をもっていた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ドニゼッティ【Gaetano Donizetti】

1797~1848) イタリアの作曲家。生命感に満ちた流麗な旋律を特色とし、オペラの作曲に幅広く活躍した。作品「ランメルモールのルチア」「愛の妙薬」など。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ドニゼッティ
どにぜってぃ
Gaetano Donizetti
(1797―1848)

イタリアの作曲家。ベルガモに生まれ、生地とボローニャの音楽院で学ぶ。オペラ作曲家を志し、20歳ごろ三曲のオペラを書いたが上演できず、失望して軍隊に入る。軍務のかたわら作曲を続け、25歳でオペラ作曲家として認められ、多産な作曲生活に入った。ロッシーニの亜流の二十数曲を発表したのち、1830年にイギリスヘンリー8世の妃アン・ブリンの悲劇を題材とする『アンナ・ボレーナ』をミラノで上演して空前の成功を収め、すぐにロンドン、パリ、ウィーンでも上演されて世界的名声を確立。続いて、ロマンチックな感傷の漂う田園喜劇『愛の妙薬』(1832)、歴史劇『ルクレツィア・ボルジア』(1833)、当時流行の狂乱の場をクライマックスとする『ランメルムーアのルチア』(1835)と相次いで傑作を発表、ベッリーニとともにロッシーニ引退後のイタリア・オペラの第一人者となった。
 1837年、ナポリ王立音楽院長の席を争って敗れ、翌年『ポリウート』がナポリ当局の上演禁止処分を受けたこともあって、38年からパリに住み、40年にはフランス風の軽快な喜劇『連隊の娘』、壮大な悲恋物語『ラ・ファボリータ(寵姫(ちょうき))』、『ポリウート』を改作した『殉教者』を上演し、パリ楽壇の寵児となった。42年にはウィーンを訪れ『シャモニーのリンダ』を上演、熱狂的な歓迎を受け、宮廷楽長兼作曲家に任命される栄誉を受けた。43年パリでオペラ・ブッファの傑作『ドン・パスクアーレ』を上演したが、このころから健康を害し、45年卒中の発作に襲われ、闘病生活ののち故郷で没した。
 まれにみる速筆で知られ、70曲以上のオペラを作曲。注文に応じて書き飛ばした駄作も多いが、前記の諸作は、歌唱技術の極限を駆使しつつ、流麗な旋律美の連続のうちに劇的興奮を盛り上げるベル・カント・オペラの代表的傑作であり、先輩ロッシーニ、後輩ベルディの作品とともに、19世紀イタリア・オペラの名作として今日も絶大な人気を誇っている。[大久保一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のドニゼッティの言及

【イスタンブール】より

…西ヨーロッパ諸国との貿易が拡大すると,ビザンティン時代以来外国人商人の居留地として知られていたガラタGalata地区が発展し,その隣のベイオウルBeyoğlu地区ともども新しい商業・文化の中心となり,モスクの光塔(ミナレminare,ミナレット)の林立する旧市街と好対照をなした。新市街にはヨーロッパ各国の大使館(現在は領事館)が軒を並べ,外国人商人や,これと結んだ非ムスリム少数民商人たちがモダンな店を構え,またイタリアの作曲家ドニゼッティGiuseppe Donizetti(Gaetanoの兄)などの〈御雇外国人〉も多数居住した。政府は彼らの協力を得て帝国の西欧化に取り組み,ガラタサライ・リセーGalatasarayı Lisesi(1868創立),ダーリュッフュヌーンDârüffünun(1863創立,イスタンブール大学の前身)などの西欧型教育機関を設立した。…

【ルチア】より

ドニゼッティの代表的オペラ。正式名《ランメルモールのルチアLucia di Lammermoor》。…

※「ドニゼッティ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ドニゼッティの関連キーワードプッチーニマスカーニロッシーニアルジェのイタリア人エルナーニ夢遊病の女ロッシーニ・オペラ・フェスティバルパイジェッロベッリーニウォルフ・フェラーリ

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ドニゼッティの関連情報